記録はとり続けたほうがいい! 記録を通して分かった3つのメリット!【ブログでもTwitterでも】

スポンサーリンク

最近になっていろいろと、記録をとることの重大さに気づいたうめさく(@kaiware11)です。

記録をとるっていうのはTwitterを見るといろんな人がオススメしてる方法なんですが、最近よく「あー。もっと前から記録を取っておけばよかった!!」と思う機会が増えてきました。

人が勧めているのを見てる時はあんまり気にしてなかったんですけど、自分が大事だなぁと思い出すとメリットが見えてくるからすごいですね。

スポンサーリンク

記録をとり続けるメリット!

記録そのものがブログの記事になり資産になる!

この文字の海で溺れたいブログに書いているブログ運営記事も、今月で8記事目になります。

じみに続いていたりします。

記録をとるメリットのひとつがまさしくそれ、「記録自体が記事になる!」ですね。

ブログを書いている人の中にはいつも「ネタが溢れ出てくる! ネタが尽きるなんて心配はない!!!」という人もいたりしますが、そういう人って本当に希少で、大抵の人は「分からん。なにを書いたらいいのか分からない……」ってなります。

そんな時に自分がこれまでブログを運営してきて感じたことや経験を記事にして、運営記録として載せれば立派な記事の完成です。

そしてそれを月一や週一で続けていけば連載記事ができあがります。すごいです。

ちなみに「月一や週一で記事を書くにしたって、その時までになにがあったか忘れてるわー」という人は、Twitterに定期的に出来事を記録していくのがオススメ。

こんな感じにツイートします。

10日間隔で出来事をツイートして、そのツイートをモーメントに保存しておけば「先月なにあったっけ? わすれちゃった……」を防げますし、ツイートにもなるので便利です。

ブログの推移がとても分かりやすい!

ブログに対して工夫をする時に役立つのも記録です。

アクセス数が少ないと思った時にアクセス数をあげる工夫をするとしても、工夫をする前にどのぐらいのアクセス数があったのか分からないと比較のしようがありませんよね。

記録をとっておくとこの手のビフォーアフターが分かりやすくなります。

自分を励ますツールにもなってくれる!

人間ってどれだけ頑張っていても、落ち込んでいる時は今しか見えない。って思うことがあります。

昔より成長してても、いまの自分を駄目だと思ってしまうとそこで立ち止まってしまうんですよね……。

記録をし続けることで自分がこれまでどれだけ頑張ってきたのかが分かるのも記録をとるメリットです。

今の自分が思っている以上にうまくいっていなくても(ブログの収益が下がっていても!)、過去の自分の記録を見ると「あー。あの時よりは頑張ってるよな。うん、あの頃よりは成長してるよ!!」となるので、案外モチベーション維持に役立つんですよね、これが。

特にブログの収益は月リセットが多いので、「先月よりも成果が低い。もうブログやめようかな……」なんて発想にいっちゃうこともしばしばありますけど、長い目で見ると最初のころよりも成果が確実に上がっていたりします。

収益はアフィサイトとかでも見る事は出来ますが、サイトによっては一か月分しか遡れなかったりするので、自分で記録を取って何年でもさかのぼれるようにしておくととても役立ちます(なので私は時々、「もっと早くから記録を取っておけば!」ってなったりします)

最近でいうとめっきりブログ収益が落ち込んでて、同じように気分が落ち込んでいるうめさくでしたが、よく調べてみたら「なんだー。去年の2月のほうが成果悪いじゃん。だったら大丈夫。成長はしてるってことだ!」と開き直ることができました。

今の自分を励ますために、過去の自分を引き合いに出すって結構いい案です。

今の自分が理想の自分から程遠くて嫌になることはよくあることだと思います。

でもそんな時に過去の自分を振り返って、「あ。前よりも成長してる」って思えるのってブログに限らずいろんなことを長続きさせる秘訣ですよね。

タイトルとURLをコピーしました