ブログ再開中!
ブログ運営

ブログの数字を最近になって記録しはじめて、思うこと

スポンサーリンク

ブログ自体は3年ぐらい前からしているけど、記録をとったことはなかった。
理由はない。
というか、多分、「記録をとる」という理由がなかったから記録をとってこなかった。というわけで、私のブログたちは弱小ブログとして細々と生きてきた。

なので、私のブログはかなり計画性がなかった。

でも、最近は記録をとっている。
理由は、お世話になっているサロンでは数字をとるのが必須だから。

多分、このサロンに入らなければ数字をとるなんてしなかった。
毎月の数字をとり、これまでの数字と見比べて、今後の方針を決めていく。
なのでブログをはじめてからはじめて数字をとっているわけなのだけど、最近思うことが一つ。

数字をとるのが面白い。

いや、まじで面白いよ。これ。
ブログを運営している間に生まれてくる数字の中には、いろんなものが混ざっている。

自分がどんなブログ運営をしているのか。
どんなグッズを紹介しているのか。
あるいは世間の動向とか(グーグルさんのアップデートとか)……。

いろんなものがぐちゃっと入っていて、それを読み解いていくのが面白い。

漠然とブログを運営している時に感じていたブログに対する不安も、数字を前にするとすっきりする。

感覚的に「先月のブログのアクセス数は少なかったのでは?」と気になっていても、数字にして確認してみると、「あれ? そんなに悪くない??」となったりするから面白い。

人間の主観は曖昧なものだけど、数字は客観的に人の主観を正してくれる。

今年の7月のブログ収益は、めずらしく諭吉を超えた。快挙である。

確か前にも数回諭吉を超えたことがあったけど、記録をとっていないから、いつかは忘れてしまった。
とりあえず2020年7月は、諭吉を超えた。

でも8月も越えられるかというと自信はない。……というか、多分無理なのでは? と思ってる。
今年の2月みたいに、野口さん2人に逆戻りするケースだって考えられる。多分そうなっていくような気がする。運がいいことは長続きしないから。

……でもまあ、私のブログは諭吉を超えられたのだし、8月が野口さんだとしてもまた巻き返せるんじゃないだろうか?

数字の記録をとるという行為は、なんだかんだで過去の浮き沈みを未来の私へ伝えるための行為なのだと思う。
つまり、「お前は過去にこれだけブログの収益が低かった時期があるけど、そこから頑張って今のお前がいるんだから、まだまだどうにかなる」という気持ちにさせてくれる。

記録をとっていくのは面白いし、勇気づけられる。

タイトルとURLをコピーしました