実家で電動アシスト自転車の良さを実感してきた

スポンサーリンク

坂道が多い地域に嫁いできた結果、電動アシスト自転車を購入したブログ管理人です。

今までずっと自転車族だったのと、「いきなりバイクや自動車の運転は無理! 怖い!!」 という理由で、電動自転車のお世話になることに決定しました。

多分住んでる場所のことを考えると、バイクや自動車のほうが絶対にいい。

でも私は自転車が好きなんだ!!!!! と熱い気持ちのもと、電動アシスト自転車になりました。

スポンサーリンク

電動アシスト自転車を使いだしてから久し振りに普通の自転車に乗った件

というわけで、今住んでる場所的には、もう手放せない相棒と化してる電動アシスト自転車ちゃんですが。

電動自転車って、坂道とかすいすい上がれるし、楽ちんだし。

いい感じだよな、と思いながら毎日愛用しています。

そしてこの間、実家に帰る用事があった時に、実家に置いてきた(実家で用事がある時に使おうと思っていた)普通の自転車に乗る機会があったわけでして。

「お。最近ずっと電動自転車乗ってたから、普通の自転車久し振りだなぁ!!」とワクワクしながら乗ってきました。

自転車そのものの重たさは、普通の自転車のほうが軽いんです。

なにせ普通自転車にはバッテリーがついてないんで、その分は軽い。

もっと言うなら、バッテリーに繋がるコードとかもろもろもないので、普通自転車のほうがすっきりしてる。

だから、普通の道を走る分には普通自転車のほうが軽いんだろうなぁ、と思ってました。

……いや、電動自転車のほうが軽かったですよ……。

あらためて普通自転車に乗ってみたら、意外と重たい。

バッテリー積んでないのに重たい。

逆を言うと、バッテリー積んでても、電動でアシストしてくれるから電動自転車のほうが軽い。

坂道でフルアシストを使う以外は、一番アシストが弱いモードで走ってるんですけど、それでも普通自転車で走るよりも軽くなっていたらしい。

びっくりでした。

「えー。普通に平坦な道を走る程度だったら、普通自転車のほうがいいよ」と実家の自転車でお世話になっていた自転車屋さんには言われてたんですけど。

一番アシストが弱いモードでも普通自転車よりも軽く感じるなら、これはこれでありなんでは……?

電動アシスト自転車で怖いもの

盗難

ただ電動アシスト自転車、普通自転車よりも面倒な部分があります。

それが、盗難

いや、盗難は普通自転車でも怖いでしょ? って話なんですけど、電動アシスト自転車の場合は、さらに盗まれるものが増えていきます。

電動アシスト自転車を買う時にお店の人に言われたのが、「バッテリーを盗んでいく人がいるから」でした。

だから電動アシスト自転車のバッテリーは鍵付き(しかも結構複雑なやつ)なわけで、店員さんのおすすめだと、持ち手の部分にチェーンを通してサドルとつなげてロックしておくと安心とのこと。

電動アシスト自転車からバッテリー外したら、それこそただの普通の自転車(しかも重たい)ですよ……??

しかも電動アシスト自転車のサドルは比較的品質がいいのが多いらしくて、サドルを盗まれる心配もあるそうです。

バッテリー切れ

言うまでもなく、バッテリーが切れると電動アシスト自転車はただの重たい自転車です。

ハンドルのところにモニターがついていて、そこでバッテリーの残量がわかる仕組みになってるので、定期的に充電すれば(カジュナは充電器もきっちりついてきました)大丈夫なんですけど。

うっかり忘れると、ただの重たい自転車になっちゃいます。

「毎日長距離走ってるからバッテリーがすぐになくなるんだよ!」という場合は、予備のバッテリーを用意しておくのも、バッテリー切れに備える一つの方法です。

ただバッテリーは使わないと消耗するので、「そんなにすぐにバッテリー切れにならないなら、ひとつのバッテリーを上手に使うほうが長持ちするよ」と、自転車屋の店員さんが言ってました。

まとめ

  • 電動アシスト自転車の使い心地は普通自転車よりも軽い
  • でも盗まれるものが多い
  • バッテリー残量にも気を付ける必要あり

この面倒くささを考えると、普通の平坦な道ぐらいなら、あえてリスクが高い電動アシスト自転車よりも普通自転車を選ぶかな……?? って思います。

タイトルとURLをコピーしました