ブログ再開中!
雑記

ハンドメイド作品を買おうとする醍醐味

スポンサーリンク

好きなハンドメイド作家さんがいます。
はまったのはつい最近だけど、これまでそのハンドメイド作家さんの販売に挑戦すること4回ぐらい。

まあ、ことごとく!! 買えてないけど!!!!!

この世の中、ぶっちゃけほしいものはなんだって手に入る時代なんだろうし(お金さえあれば)。

現在絶賛品薄で転売ヤーの餌食になっているswitchだって、時間がたてば流通がはじまって手に入るよーって感じだったりする。
つまり、「絶対にこの瞬間でないと買えない! 手に入らない!!」ものは、この世の中にはほとんどない。(気がする)

まあその間にTwitterでゲームのネタバレを見てしまったり。
周囲のフォロワーさんが、「××プレイしてます! 超楽しいよ!!!」ってつぶやいてるのに乗り遅れるかもしれないけど……、それはそれで悲しいけど。

でも、「これほしいけど、手に入らない!!!!」なんてことは滅多にない。と、思ってるんですが。

ハンドメイド界隈だと、これが普通に起こる。

「あ、今日雨が降るよ」ってレベルで起こる。
めっちゃ恒例行事である。
むしろこれがなくちゃはじまらないぐらいの勢い。

最初にハンドメイド界隈に足を踏み入れたときには、驚いた。

だって買えない。
ふつうに売り切れる。
買える気がしない。

焦ったけど、我に返ってみれば答えは簡単。ハンドメイド作家さんのTwitterに答えがあった。

一点物の作品に対して、いいねやリツイートが100以上って……、そりゃ買えんわ……。

まえにハンドメイド作家さんが、「作品のツイートはリツイートして拡散してください。死活問題です」って言ってたけど。
本当に申し訳ないけど、これ以上いいねやリツイートを増やして、ますます自分が買えなくなったらどうしよ……ってなる。
それでもリツイートするのが、ファンの鑑。誰かがリツイートしてくれたから、私も好きな作家さんの存在を知ることができた。ありがとう。と思って、リツイートボタンをポチる。

でも100人のうちの1人に当たるって、一番くじとかより倍率がえぐいことになってない……?? なってるよね……??
一番くじの上位賞なら、お金を積めば手に入るけど……、ハンドメイド作品はそんなチートは使えない。

お金さえあればほしいものが手に入る時代に生まれた私は、最初こそは憤った。

手に入らない。
手に入らない。
なんで?
でもハンドメイド作家さんが作品を販売して、その都度に先着順や抽選販売で戦って惨敗するごとに思うようになった。

むしろハンドメイド界隈は、これが醍醐味なんでは?

もっと早く気づけばよかったんだけど、ようやく気付いた。
これこそ、醍醐味である。

この世の中は、大量生産大量消費の時代なのだ。ほしいものはお金を積めば大抵のものは手に入る。

そんななかで、素敵なハンドメイド作家さんの作品を買うために、販売の30分前からパソコンの前に座り、販売と同時にクリックしてそれでも買えない、惨敗する。ちくしょうとなる。

こんな感覚を味わえるのは、ハンドメイド界隈ぐらいだろ。あとは人気同人作家の新刊とか??

これまで4回ぐらい同じ作家さんの販売に参加して負け通しなんだけど、Twitterを見るともう何十回もやってるって人もいるから、私はまだまだひよっこ。
というか、何十回やっても手に入らないんですね……。そうですか……。

というわけで、ここ最近ハンドメイド作家さんがなにか作業をしてらっしゃる風だったので、「新作のハンドメイド作品が登場するのかな。今回は買えるのかな。ワクワク」していた私です。

ただし今回はコロナの影響で通販はせずに、コラボしているお店での店頭販売らしい。なんてこったい。
そのお店は東京にあるらしい。嘘だろ……、東京かよ…………。

この時期に東京なんていけるはずないよなぁ。
東京の感染者が増加してるから日本じゃ東京差別が起こってるなんて言われてるけど、こういう状況になってもやっぱり東京は強い。

でもこれも、人が集まりやすいところのほうがハンドメイドの展示会は開催されやすいっていう、醍醐味なんだろうな。

タイトルとURLをコピーしました