ブログ再開中!
人付き合いが苦手です

正論を言っている人が常にその正論通りに動いているわけではないと気づいた話。【人付き合いってそんなもの】

スポンサーリンク

自分の考えって間違ってるかなぁって感じることがあります。

周囲の人にそれを指摘されてたぶん「物凄く正しいこと」をいわれると、自分の考えは間違ってるし間違ったことをしようとしている自分が嫌な人間に思えてくるし……、正論って言われる側からするとあまり気持ちのいいものじゃない時のほうが多い。

 

でも、物凄く正しいような気がする正論を言う人が、本当に自分が言った正論通りの行動をしているかといえば、話は別だったりします。

 

それを実感したのが家族との会話だったんですが、「結婚したら仕事辞めるけど、連絡手段に携帯電話は持つと思う」という私(いまは携帯料金払ってまで持つメリットがないので持っていない)に対して、「え。でも自分の料金は自分で支払うんだよね?」と家族が聞いてくるので「え。家計から捻出するのは駄目?」と質問したら、「自分の分は自分で払うべきでしょ」というわけです。

これは多分、正論。特にうちの家は学生時代から携帯電話を持つのは自由。でも自分で支払いを持つっていうのがルールだったので、自分で支払えない(もしくは支払えるかどうかわからない)ものを持つのは無責任だと思っています。

で、その時は「やっぱり結婚して家計から携帯代を捻出しようとするのって間違ってるのかなぁ」と思ったんですが、その後気になって家族に「じゃあ、君はどうなの? 結婚したら仕事辞めるの? 携帯電話料金どうするの?」と聞くわけです。

すると「貯金を切り崩して払う」という返事が。あ、貯金を切り崩してまで携帯電話持ちたいとは思わないなぁ……と、家族と自分の認識の違いを見せつけられつつ、「じゃあ貯金がなくなったら?」と聞いてみると、「旦那の料金プランで家族割があったら入らせてもらって、料金を極力抑えて……」という話になりました。

 

え。それってようするに、私と同じ「家計から捻出する」ってやつなのでは??

 

家族はさっきまで家計から出すという私の発言に対して「自分の分は自分で払うべき」と言ってたわけで、それが正論だと思ってたんですが……。蓋を開けてみると、家族も自分で払えなくなったら家計を頼ると言ってるわけで。おいおい、正論どこいった? さっきまで私に「お前その考え方間違ってるんじゃね? 反省しろよ」と言っていた正論はどこにいったんだ?? ってなってました。

それを指摘すると喧嘩になる未来しか見えなかったので黙ってましたが、いつも正論を言って私に「あ。私、間違ってるのかな」という気持ちにさせる家族のほころびっぽいものが見えた気がしました。

 

でも世の中、そういうものかも。

 

正論って言うのは気分がいいし、間違っているだろうことを指摘するのも気持ちがいいけど、世の中の何人が自分の正論に忠実に従って生きているんだろう? そう考えると、正論をぶつけられた時に抱え込んでしまう罪悪感も少しは薄れそうです。

タイトルとURLをコピーしました