ブログ再開中!
引き寄せ

マイナスの感情にとらわれるなって引き寄せでは言うけど、普通に生きてたらとらわれたくなる時だってあるんだって。

スポンサーリンク

引き寄せ本のなかの共通したルールのひとつが「マイナスの感情にとらわれない」だと思います。

マイナスのことを考えて悶々とするならプラスのことを、「○○がない。○○もない」と落ち込むなら、「××がある。××もある」と自分が持っているものに注目して開き直ること。それが引き寄せなわけですけど――、正直、マイナスを引き寄せちゃいけないって言ったってマイナスの事を考えたい時もあるんだよ!!!! って気持ちもあったりします。

 

たとえば今日、自転車で仕事場まで行ってたら、途中、脇道の坂から自転車がものすごいスピードで降りてきました。私がゆっくりの速度で自転車こいでたからぶつからなかったけど、ぶつかったらお互いに大怪我しそうな勢いです。でも自転車は私を無視して走り去っていくわけです。

 

……いや、これって引き寄せでいえば「あ。事故に遭わなくてよかったー。私も向こうの人も怪我しなくてよかったー」ってなるんだろうけど、ちょっと待て。

悪いのは道路の合流地点を坂で加速した自転車で突っ込んできた向こうで、しかも謝りもせずに去っていったんだぞ? もしぶつかったとしても完全に悪いのは向こうだろ? なのにどうして私が相手に怪我がないことまで安心しなくちゃいけないの? というか謝れよ、常識だろうが。それは。……となるわけです。

こうなってくると引き寄せの「プラスを見る。自分にあるものを見る」と言われて目を向けたところで、横暴自転車の振る舞いにムカムカした感情は収まりません。むしろ大きくなっていきます。

 

なんで私ばっかり物分かりのいい子みたいに納得しなくちゃいけないの? ですよ。

 

で、そんな時はいっそ心の中で自分が腹を立てていることに悪態をついたほうが精神衛生上幸せです。

今回の場合だと横暴自転車に対して「坂道はスピードを落とせよ」とか「前見て運転しろよ」とか「私がスピード落としてなかったら大怪我するところだったかもしれないんだぞ。分かってるのかよ」とか……、まあ、いろいろと。とにかく心の中で愚痴って文句を言って、自分の心が穏やかになるのを待つわけです。

で、待ってから、とりあえずここまで来たら自分の気持ちも丸く収まるかなぁ? ってところで、プラスを見るわけでして。今回だと「まあ。怪我しなかったし、いっか」「ぶつからなかったしいいやぁ」とまとめて、後は気にしない。

 

前に読んだ引き寄せの本にも最終的にプラスの感情で締めくくれるなら途中でネガティブになってもいいんです!! 的な事が書いてあったので、いいんだと思う。マイナスの後でプライスを考えて相殺すれば問題ないんだよ、多分。

といいますか、ネガティブをうまく消化できる方法がないと今回みたいなケースにぶち当たった時、引き寄せって難しいなって実感します。

タイトルとURLをコピーしました