ブログ再開中!
文房具

タックシールにスタンプを押してからノートに貼るメリット

スポンサーリンク

ノートに書く日付をこれまでずっと日付シールにしていたブログ管理人です。

自分で書くのもありだけど、レタリングとかできないし。

ただ普通に数字を書いていくのも味気ない……。

だったら、ずっとノートは残していくし、日付シールで華やかにしたほうが絶対に楽しいよね?! というわけで、日付シールをminneで購入して、ずっと使ってました。

が。この間、ずっとお世話になっていた日付シール作家さんから「今年の12月で日付シールの配布を終了するよー」との告知が。

え。せっかく、素敵な日付シールを見つけたのに。

でも、作家さんも人間だから、配布が終了するには仕方ない。

これから日付をどうやってつけていこうかな……。

悩んでいたところ、閃いたことがひとつ。

そうだ。日付シールのかわりに、スタンプを使えばいいんじゃない? ついでにスタンプをタックシールに押してから使ったら、便利じゃない??

というわけで、タックシールにスタンプを押してノートに貼り付けるメリットを考えてみました!

スポンサーリンク

タックシールとは?

タックシールというと、最初「え? タックシール?? なにそれ??」となるんですが。

シンプルに言うと、ラベルシールみたいなもの。

スーパーとかの文具コーナーに普通においてるし、ダイソーやセリアみたいな100均ショップでも販売してるお手頃なアイテムです。

「正式名称はしらないけど、存在は知ってる」って人が多そうなアイテムですよね……。

タックシールにスタンプを押して使うメリット

裏写りの心配がない

実はこれまでにも何度か、「スタンプ使えないかなぁ」と思ってたブログ管理人です。

でもずっと使ってこなかった理由は、「スタンプは裏写りが心配」だったからでした。

裏写りって、好きじゃないんですよね……。

安いノートはたくさんあるのに、高価なMDノートを愛用してるのも、「裏写りの心配が低い」からだし。

ジェットストリーム教なので、Twitterとかで「ジェットストリームとほぼ日の相性は悪い」と言われているから、ほぼ日はこれまで使ったことがありません。(あこがれはあります)

というわけで、裏写り嫌いなブログ管理人ですが、タックシールにスタンプを押せば、ノートに裏写りする心配はほとんどありません。

というか、物理的に裏写りはしないでしょ?? と思ってます。

タックシールに裏写りして、そのうえでノートまで裏写りするインクって相当すごいやつじゃないと無理だろうし。

ちなみにそのままノートにスタンプを押す場合、裏写り防止のために「薄い色を選ぶ」「高いスタンプ台を買う」がマストなんですけど。

タックシールに押してノートに貼り付けるなら、このふたつの条件を気にしないで、スタンプ台を購入できるのもうれしいところ。

ダイソーとかでもスタンプ台が買えるから、安上がりになります。

失敗してもやり直せる

タックシールに押してからノートに貼るので、押すのに失敗した! がないのもポイントの一つ。

ノートはきれいに使いたいので、失敗はできるだけ少なくしたい。なら、タックシールに押したのを使えば問題なし。

タックシールも100均で購入できるからエコだし、ノートは汚れません。

まとめ

  • タックシールを使ってスタンプを活用すると、裏写りの心配がない。
  • スタンプを押すのに失敗してもやり直せる。

いままでタックシールにスタンプを押す発想がなかったので、スタンプはずっと敬遠してました。

でもこの方法が使えるなら、これからちょっとずつスタンプを増やしていきたいブログ管理人です。

タイトルとURLをコピーしました